NEWS Archives (2010.10)

10.28 マイケルジャクソンのスリラーが長編映画になる?

Michael Jackson’s THRILLER to be reinvented as a feature film
 Deadline has revealed that director Kenny Oretega (of THIS IS IT) will be taking on the ambitious directorial role for a feature length film based on Michael Jackson’s THRILLER. It is also rumoured that THE HANGOVER’S Jeremy Garelick is attached to write the project.

THRILLER-HAS-HIS-FANS-THRILLED2.jpgWith the creator of THE HIGH SCHOOL MUSICAL on board, it seems unlikely that the film with have the grindhouse flair of the 1983 14 minute THRILLER epic. Isn’t the fact that THRILLER is only 14 minutes long what gives it the haunting presence it still holds today? Every year there is at least one giant flash-mob dedicated to the song, in fact, there was one in San Diego last week where all the 400 demi-zombies rocked the Del Mar county fair. A feature film just seems superfluous, it seems unlikely that it will preserve the integrity of the music video.

GK films own the rights to shoot THRILLER and have estimated that it will run at a cost of $50 million. GK told Deadline that the film would “expand the films folklore” (either that or destroy its legacy-lets just hope they don’t cast Zac Efron to play Michael.)

The sad irony of all this is, had Michael lived, the royalities from the film would have provided the debt bailout he was hoping for with the 02 arena tours.

No CGI zombies please Ortega.

Source: thehollywoodnews.com/deadline.com

Deadlineは、THIS IS ITのケニーオルテガ監督がスリラーに基づく長編映画を製作する野心的で指導的役目を果たすことになるだろうと明らかにしました。
「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」のジェレミーガレリックが、脚本を書くとうわさされています。

今回の映画はハイスクールミュージカルのクリエーターによる制作で、1983年の14分間の叙事詩の雰囲気を持っていることはなさそうです。14分間の長さのスリラーは、今でも存在感を持っていることに疑いはありませんよね。毎年、大群衆がスリラーに没頭し、先週サンディエゴでは400人のゾンビが踊りました。それほど親しまれているスリラーの長編映画はいまさら不必要に思われ、それはスリラーのショートフィルムとの整合性を保つことはなさそうです。

GKフィルムスはスリラーを撮影する権利を持ち、5000万ドルで制作できると見積もっています。GKは、Deadlineに映画は、「映画の歴史に新たな一歩を記す」だろうと話しました。(そうであろうと、伝統を破壊しようと、彼らがマイケル役にザックエフロンをキャストにしないと良いですが。)

悲しい皮肉ではありますが、この映画の収益はマイケル亡き後、彼が望んでいたO2アリーナツアーの債務返済にあてられる事になります。
オルテガさん、どうぞCGIのゾンビは使わないでくださいね。

以上は英語の不得意なびーあんが意訳したもので、(本文を読んで)違ってたらごめんね
MJFCの見解はこちら

10.26 死んでも年収222億円!マイケル「死後稼いだ著名人」1位

 【ニューヨーク=松尾理也】昨年6月に急逝した米人気歌手、マイケル・ジャクソンが、今年10月1日までの1年間で推定2億7500万ドル(約222億円)の収入を上げていたことが、米経済誌フォーブスが25日発表した推計で明らかになった。死後に公開された映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の大ヒットに加え、楽曲の売れ行きも好調だったためという。

 同誌は著名人の遺産管理業務に携わる弁護士の話として、「いずれは下降線をたどるものの、少なくともさらに数年は多額の収入をもたらすことは確実」と指摘した。

 同誌は、すでに死去した著名人が10月1日までの1年間に稼いだ金額に基づき、13人からなるランキングを作成したが、1位のマイケルの収入は、2位以下12人の合計収入より多かった。

 「キング・オブ・ポップ」と呼ばれたマイケルに次ぐ2位は、「キング・オブ・ロックンロール」のエルビス・ブレスリー(6000万ドル)。3位は映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作者J・R・R・トールキン、4位はスヌーピーなどのキャラクターが活躍する漫画「ピーナツ」の作者チャールズ・シュルツ、5位は元ビートルズのジョン・レノンだった。

Source: 産経新聞 10月26日(火)10時3分配信

10.20 ニューアルバムは宙に浮いている

Friedman: New Album In Limbo
(19-10-2010) Roger Friedman posted the following article in his column, Showbiz411 this morning:

!B55Gv8!B2k~$(KGrHqR,!i4EydvZy5BsBMv,bJM,jQ~~_1.jpgMichael Jackson Album Of New Songs In Limbo
That album of Michael Jackson‘s unreleased material?
I’ll tell you what: it’s in limbo.
Later this week we may get a sharper picture of what’s going on. But this much I’ve surmised from talks with various sources.
The best material available really comes from those sessions with Eddie Cascio in New Jersey circa summer 2007. Some of the songs were already written by Eddie’s brother Frank Cascio and recorded as demos with a local singer named Bobby Ewing. Michael put his vocals on them during that time he stayed with the Cascios in New Jersey.
At first there was a lot of skepticism about the tracks. I’m told that co-executor John McClain questioned whether the vocals were really Michael’s, or faked. But they are Michael’s. And they will be needed to round out the selections.
Teddy Riley and a couple of other producers have worked to fix up the Cascio tracks for release.
McClain was also working on tracks. It’s unclear how these have gone. I’m told, not so well. Many of them are outtakes from “Invincible.” And no one’s bothered to approach Michael’s engineer, Bruce Swedien, about tracks from “Thriller” or “Bad” he might have in his archives.
There’s truly confusion now in the inner circle about how to proceed. Sony is waiting for delivery but there’s no album art or concept.
As for a cover: I am told McClain commissioned one a la “Sgt. Pepper” with a montage of drawings or caricatures of people in Michael’s life whom he admired. Funny: several lawyers were jammed in among Martin Luther King and Marvin Gaye. McClain’s picture, sources say, was larger than most of the others.
Needless to say, that’s been scrapped.

Source: MJFC / showbiz411.com

フリードマン:ニューアルバムは宙に浮いている

ロジャー・フリードマンがコラムShowbiz411に下記記事を寄稿している。

マイケル・ジャクソンの新曲アルバムが宙に浮いている。
あのマイケル・ジャクソンの未発表素材のアルバムが?
まあ、聞いていただきたい。宙に浮いているのだ。

今週末にも、一体どうなっているのかについてのもっとはっきりした状況を掴めるかもしれない。しかし、複数の情報提供者との話から推測できたのはこれくらいである。

使用可能な素材のベストは、2007年夏ごろにニュージャージーのエディ・カシオとやったセッションでのものである。これらの曲の中には当時すでに、エディの兄フランク・カシオによって書かれ、ボビー・ユーイングという地元の歌手とともにデモとして録音されていたものもある。マイケルはそれらに自分のボーカルを乗せた。ニュージャージーのカシオ家に滞在していたときのことである。

当初、これらの曲については懐疑的な声が多数あった。共同執行人ジョン・ブランカが、ボーカルは本当にマイケルのものか?と質問したと私は聞いている。それはマイケルのものである。そしてそれらの曲は、選曲を完成させるために必要とされるだろう。

テディ・ライリーとその他数人のプロデューサーたちはリリースに向けてカシオの曲を仕上げる仕事をこれまでしてきている。

マクレーンもまた、曲に関わっていた。どのくらい進んでいるのかははっきりしない。順調ではないと私は聞いている。多くが「インヴィンシブル」からのアウトテイクである。そして、マイケルのエンジニアであったブルース・スウェディーンに、彼が保有しているかもしれない「スリラー」や「バッド」からの曲について連絡を取ろうとしているものは誰もいない。

ここへきて、どう進めるかについて関係者内に混乱がある。ソニーは完成を待っているが、アルバムのデザインやコンセプトなどはできていない。

カバーについては、マイケルが生涯で尊敬していた人々の肖像や戯画のモンタージュを使った「サージェント・ペパー」風のものをマクレーンが発注したと聞いている。面白いことに、マーティン・ルーサー・キングやマーヴィン・ゲイに交じって、数人の弁護士が入れられていたという。情報源によれば、マクレーンの写真が他の大部分よりも大きかったらしい。

言うまでもないが、これはボツになっている。

YOU ROCK MY WORLD からの転載

10.12 マイケルジャクソン マカオオークション結果

マイケル記念品のオークションが10月9日、マカオ ポンテ16で開催されました。

michael-jordan-and-michael-jackson-jam-video.jpg

b69da2b876.jpg
最高額は、マイケルジャクソンとマイケル・ジョーダンがサインしたバスケットボール。落札価格294,000ドル(日本円にして約2,412万円)でした。
このバスケットボールは、JAMのショートフィルム収録で使ったバスケットボールです。




julienslive-logo.jpg

10.11 ABCニュースのグッドモーニングアメリカでMJのThe Experienceが紹介されました。

 Michael Jackson The Experience Previewed On GMA
untitled.bmp
ABC's "Good Morning America" showed a preview this morning of "Billie Jean" from "Michael Jackson The Experience." You can watch some of the show's hosts try to keep up with Michael's moves in this video from the show.

Source: MJFC / michaeljackson.com






ABCの「グッド・モーニング・アメリカ」は今朝(10.8)、「マイケル・ジャクソンのThe Experience」から「ビリー・ジーン」のプレビューを放送しました。 このショーの数人のホストがこのゲームでマイケルの動きに必死でついていこうとしていますよ。Good Morning America はここをクリック



10.08 新しいMJ人形のレビュー--びっくりするほどすごい!

 Review Of New MJ Doll - Stunning!

010.jpg(7-10-2010) A reviewer for michaeljackson.com recently got a chance to preview the upcoming Billie Jean doll, one of the new collectible figures based on Michael Jackson's iconic music videos, and the verdict is stunning!

Toy maker, Playmates has teamed up with Bravado, official licensing arm for all Michael Jackson merchandise, to create near-perfect replicas of the King of Pop's most recognizable outfits, with the first series featuring his attire from the Billie Jean and Thriller music videos. You can view the pictures below but to read the entire review, please click here.

Source: MJFC / michaeljackson.com

michaeljackson.comは、最近、間もなく発売されるビリージーン人形を下見する機会を得ました。マイケル・ジャクソンの象徴的なミュージックビデオに基づいて作られた、新しいMJフィギュアで、そしてそれははびっくりするほどかっこいい!

おもちゃのメーカーPlaymatesは、King of Popの最も良く知られている服装の完全なレプリカを作成するために、すべてのマイケル・ジャクソン商品のためのライセンス認可しているBravadoと手を組みました。
最初のシリーズはビリー・ジーンとThrillerで、ミュージックビデオから彼の服装を忠実に再現しています。
詳細は、 ここをクリックしてご覧ください。



10.03 MJのDVDボックスセット、間もなく発売

 New MJ DVD Box Set Coming Soon

(2-10-2010) According to a new report from TMZ, later this year a new 3-Disc Michael Jackson DVD will be released. The new box set called "Vision" will be released on November 22. TMZ is reporting that the three DVDs will feature a vast collection of previously released Michael Jackson videos and one new video that has never been seen.

Keep Checking back at MJFC for more details as the release date approaches.

Source: MJFC / TMZ

TMZの報道によると、マイケル・ジャクソンの3枚組DVDが年末に発売される予定だという。この新しいボックスセットは「Vision」と名づけられ、(ジョン ・ F ・ ケネディの暗殺 47 周年にあたる)11月22日に発売される予定である。
TMZは、3枚組DVDにはマイケル・ジャクソンの膨大な既発ビデオ・コレクションと未発表のものが1本収録されると報じている。



10.02 東京ディズニーランド&シー、マイケル効果で上期入園者が歴代2位に

eo.jpg オリエンタルランドは1日、東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の2010年度上半期(4~9月)の合計入園者数が前年同期比5.3%増の1295万4000人だったと発表した。上期としては1983年の開業以来、2番目に高い水準。7~9月は記録的な猛暑が続いたものの、水を使った夏用プログラムの実施や故マイケル・ジャクソン主演の3Dアトラクション『キャプテンEO』再導入などで話題を集めた。

 2010年度上期の両パークでは、4~6月にTDLで新規イベント『ディズニー・イースターワンダーランド』を実施したほか、TDSでは今年で最後になる『東京ディズニーシー・スプリングカーニバル』を開催し、天候にも恵まれたことから前年を上回る入園者数に。また、酷暑とその後の悪天候など、天候的には厳しい環境だった7~9月も前年同様の入場者数をキープした。

 なお、上半期入園者数で過去最高を記録しているのはTDL開業25周年の記念イベントを行った2008年度(1304万8000人)。

ソース:oricon

Share |

Michael Jackson Billie Jean

Michael Jackson Off The Wall

Michael Jackson Thriller

Michael Jackson Bad







運営者にメールを送る

お問い合わせいただきましたメールには全て目を通しますが、必ずしもお返事するとは限りません。