Archive

このページはマイケルに関する資料保管庫です。
記事の内容に誤りがあっても当方は責任を負うものではありません。

072.jpg

MICHAEL JACKSON
HIStory: Past, Present and Future – Book I


マイケルのヒストリーのあれこれ

ヒストリーの楽譜をゲットしたので、CD、LPとあわせて紹介します。
076.jpg



068.jpg
上の写真の真ん中が今回ゲットしたヒストリーの楽譜です。
もちろん全ての曲が載っていますよ。(詳細後日)


072.jpg
こちらは一番上の写真右端に写っているLPです。
重厚感ある3枚組みBOXセットになっています。
もちろんブックレットもセットされていますよ。



CDとLPのブックレットは全く同じ内容です。が...、大きさが「当然」異なります。

LP付属のブックレットは、まさにLP大ですので迫力ありますよ(^O^)v
LP版の上にCD版(左下)をおいて比較してみました。
074.jpg


最後にCDについてお話します。

で、CDがちょっと複雑です(^^;
ゼイドン・・・に差別用語が含まれるとクレームがついて初版を回収しちゃったのです。
そして効果音を被せてミックスしなおし発売されました。

ちなみに、先のLPは未加工音源ですが、このLPが回収されたかどうかはわかりません。


日本版CDジャケットは同じですが、帯が異なります。
053.jpg054.jpg

そして、CD本体が回収版はゴールド、通常版は表はゴールドですが裏は通常のシルバー色
057.jpg060.jpg

ところが、US版は「回収版」と「通常版」の区別は、見かけ上できません。
なぜなら、ケース、インサート、ブックレットは全く同じだからです。

20110929-001.jpg20110929-002.jpg

さらに、CDも「両面ともゴールド」なんです。
聴いてみると、通常版には先に述べた修正加工が施されています。
オークションなどで、盤面がゴールドだと記載されていても、回収版だとは限らないのでご注意ください。

なおオークションではUSでもUKでも「ゴールド版」であるとわざわざ記載してあるところをみると、多分後期の通常版は盤面がシルバーになったのでしょう。

20110929-003.jpgただ、先に述べたように、修正版でもゴールドのものが存在しています。



ってことで・・・ん?(^^;

history002.jpg私のコレクションをひっくり返してみたら、US修正版(シルバー)を持ってたの(^^;オイ
日本版は表面がゴールド、裏面がシルバーですが、US修正版は表も裏もシルバーです。



history003.jpgUS版の回収版(上)、修正版ゴールド(中)、修正版シルバー(下)を並べてみました。
写真ではますます区別しにくいけど、現物も区別しにくいねぇ(^^;コラ



でもって、インストアバージン(ショップで聴かせるためのプロモ盤)もあります。

20111012-006.jpg20111012-008.jpg20111012-009.jpg

聴いてみると回収版と同じ未修正のトラックでした。
ってことは、インストアバージョンの修正版もあるのでしょうか?


20110929-004.jpg特記すべき事項として、輸入(US)版には、初期バージョン(回収版および修正版初期ロット)にのみオフィシャルグッズの申し込みパンフレットが入っています。


このパンフだけとってもコレクターにはたまらないものとなっていますよ。

062.jpg
063.jpg


パンフレットで思いだしたんですが、
HIStory: Past, Present and Future – Book I の「歌詞カード(セカンドバージョン)」があるって知っていましたか?

20111001-001.jpg

裏返すと曲名が掲載されています。
中身を少しお見せしましょう(^^;
カッコイイ写真と歌詞が・・・
ゼイドン・・・の歌詞は修正されています。スクリームは一部伏字になっていました。
20111001-002.jpg20111001-003.jpg


20111001-004.jpgこれもレアでしょ?
どうやって手に入れたか・・・じつはフランスの公式ファン雑誌「BLACK&WHITE(15号)」の付録だったんです。


20111001-005.jpg



この項、私が所有しているものについて記載しましたことをご了承ください。
何しろ、各国で「異なった仕様のもの」がありますし、おまけに各バージョンでも異なります。
オークションでは、全世界のバージョンをコンプリートというつわものもおりました・・・価格は100万を大きく超えていました(^^;




回収版と通常版の差異をまとめておきます。

コレクションの参考にしてください。



They Don't Care About Us


この曲が「回収」騒ぎのきっかけになりました。
差別用語が使われているとスピルバーグらから抗議を受けたのです。
そこでマイケルは一部単語を書き換えると共に、効果音を被せて再ミックスしました。


したがって、回収版には効果音ははいっていません。
LPもCDの回収版と同様に「元の歌詞」のままです。







History


初めのシンフォニー部分が異なります。 
回収版は、クラシックの名曲、ムソルグスキーの 「展覧会の絵 (キエフの大門)」
がフューチャーされていますが、
通常版は 雰囲気は似ていますがマイケルのオリジナルです。
マイケルの才能のすごさを垣間見る事ができますね。





その他エピックのロゴマークなど


日本版はわかりやすいですよ。
帯に印刷されているエピックのロゴマークの色が回収版はピンク、 通常版は青です。
盤面の色が回収版は金、 通常版は銀です。

(US版は、回収版だけでなく通常版でも盤面が金色ものがあり、両者ともオフシャルグッズの申し込み用紙が封入されていました。)


細かく見るとまだ違いがあるかもしれません。
皆さんも調べてみてはいかがでしょうか。




★なお、曲名などについては「左帯のリンクボタンからヒストリーをクリック」してご覧ください。

Michael Jackson Off The Wall

Michael Jackson Thriller

Michael Jackson Bad







運営者にメールを送る

お問い合わせいただきましたメールには全て目を通しますが、必ずしもお返事するとは限りません。